阿部ヨーコが感じる歌のチカラ

歌の力はすごい!と言う人はたくさんいる。

ただそれは大抵の場合、聞いてくれた人が涙する!聞いている人が元気になる!など、歌っている人よりも、聞いている人に作用することに対してが多い。

私が感じている歌の力は真逆で、歌い手に作用するもののすごさだ。

それは、歌プロを通して確信したと言うのもあるが、私自身が体験してきたものに付随する。

歌うことで得られる歌い手の豊かさは計り知れない。

上澄みのような感情を払拭し、奥底に眠る寂しさや切なさ、悔しさや怒りまでをも、歌うことや歌を作ることを通して浄化してしまうのだ。

もはや、溜まり過ぎる感情などなく、常に軽やかに生きられる。

そしてそれだけで留まるわけもなく、奥底に眠る情熱をも引き出してしまう。恐ろしい(笑)

そしてこのアウトプットが早くなると、常に今を生きられる。

私に見えている歌の力は、死ぬほど豊かである。熱を持った想いは豊かさとなるからだ。

そして、同時に、これがうまく伝えられないのがもどかしくてもどかしくて。

誰かのコンサルを受けようか。

熱が熱すぎると、本来の価値が見えなくなるのだ。

ふむ。もどかしい。

もっと伝えたい。

もっと広めたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中