売れるアーティストになるには?

『気がついたら売れていた』ということはほぼないと思っておくと良い。

どうやら、気がついたら売れたり、知らない間に広まったりすることが案外あると思っている人もいるようだが、まずないと思っておいた方が、結果的に欲しい未来へとたどり着く。

一体どういうことか。

 

気がついたら売れていた現象が起きている人の、売れるまでの行動を観ていると、売るために必要な動きを自然とできている場合がほとんどだ。

例えば

  • Blogなどの更新回数が多い
  • テンションが安定している
  • 画像にセンスがある
  • オープンマインドでその人が見える投稿をしている
  • どうやって買えばいいかわかる
  • サービスを愛していることが伝わる
  • 見せるべきもの隠すべきものがわかっている
  • どんな時に買えばいいか使えばいいかがわかる
  • どうやって使えば効果的かがわかる

など。

 

結局のところ、売れるために必要な要素は、決まっているのだ。
だから、これらのことが自然にできていないのに『気がついたら売れていた』のを待つのは、ちょっとしたおバカである。

ということは、売れるために必要な要素を、作ればいいだけ。
いたってシンプル。

 

でも、特にアーティストは、こういった当たり前に必要なことをしない。
自分のセンスを試したい!的なことが多いのだ。

これだと、結局のところ自分の世界観を外に表現するのではなく、自分の世界に閉じこもっているだけなので、何も広がらず誰の目にも止まらず、今世が終わる。

 

今日も、アーティストの中のアーティストである林佳奈子と、こういったことについてたくさん話した。
一部抜粋。
どうしてアーティストは、みな、売ることから逃げるのかといった類の話。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-21-04-39

 

今日の二人の結論。
– アーティストが売れるために必要なのは、テクニックではない。考え方だ。-

テクニックにばかり目がいき、売るための考え方が重要だということに気づかないのだ。
それはもしかしたら、自らも、どこかテクニックに不満足を感じているから、売ることにもテクニックを求め不満足を感じるのかもしれない。

2017年は、2016年とはまた違う形で、アーティストが売れるためのサポートをしていきたい。
私はやっぱり、売れるアーティストを輩出したいのだ。


12/17まで追加募集中!
起業の土台を作る!ヨーコのスパルタ起業塾

201/2スタート 3期生募集中!
当たり前に稼ぐ女になる起業サロン《HIGH CLASS》

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中