クオリティを無視してみる

どうしても最初の一歩が出せない時、
クオリティを無視するといい。

クオリティが気になっても、
それが今の自分だ。

ちゃんと準備してないのも、
丁寧に仕上げてないのも、
全部、自分だ。

そこだけ否定して、
もうちょっとちゃんとしたのを見せる
というのは、永遠に見せないことに近い。

初めの一歩は、
今の作品を見せることから。

下手くそでもなんでも、
今を見せることからしかはじまらない。
そうすると、次の一歩が大きく進む。

アーティストコンサルは、
私のためのコンサルなんだな。

と、気づいた日のあの衝撃(笑)

わたしも、みなと一緒に、
歌やらをのせていくし、
みなと一緒に、進んでいこう。

そう誓った日。

クオリティに満足してなくても、
まず出すことを先に。
わたしへのアドバイスでもある!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中