アーティストとしての核にはこれが必要

来年からのアーティストコンサルにあたり、
核として伝えていきたいことが、
はっきりとわかった。

だけど、このままだと難しい。

 

実は、今年、アーティストの方がコンサルを受けてくれたので、
それについて考えてみてという宿題を出したら、
次から来なくなってしまった。

そのくらい、普段はあまり考えないこと。
だからこそそれが必要なんだけどね。

 

でも、作品について考えるって、
自分と向き合うってことなので、
逃げちゃうんだよね。

そんなこと知ってるって思うから。

 

自分で知っているのと、
それを外に=作品に表現できているか
というのはイコールではない。

 

だから、それを外に出さないと、
やっぱり買ってもらえない。

買ってもらえたとしても、
一時的なブームで終わる。

 

アーティストコンサルを受けたら、
ずっとアートと生きていける。

そういう内容にしたいから、
ただ売り上げがあがるとか、ただ知名度があがるとか、
そういうことではなく、

魂が喜ぶような生き方ができて
なおかつ現実的な生活もできる

 

そんなコンサルにしていく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中